プロフィール

kuri

Author:kuri
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/03/21 (Wed) 07:57
船越英二 死去・・・

映画「私は二歳」など市川崑監督作品やテレビドラマ「時間ですよ」「熱中時代」で知られる俳優の船越英二(ふなこし・えいじ、本名=栄二郎)さんが17日午後10時57分、脳こうそくのため静岡県内の病院で死去した。17日は84歳の誕生日だった。長男で俳優の船越英一郎さん(46)は同日朝に面会したが、最期をみとることはかなわなかった。英二さんは99年に俳優を引退し、神奈川・湯河原で余生を過ごしていた。

 関係者によると、英二さんは15日朝、神奈川・湯河原の自宅で突然倒れた。すぐに救急車で静岡県内の病院に搬送され、ICUに。直後はわずかに意識があったが、16日夜になり容体が悪化。17日夜、妻で元女優の長谷川裕見子(本名=船越琴子、80)さん、長女と長女の夫の3人に見守られ息を引き取った。17日は英二さんの誕生日だった。

 家族は多忙な英一郎さんのことを気づかい連絡を控えていたが、16日夜に、英一郎さんの妹にあたる長女が報告。英一郎さんは翌17日早朝に病院を訪れ面会したが、すでに英二さんの意識はなかった。すぐに主演映画「マリと子犬の物語」(12月公開)の撮影のため千葉県に向かった。亡くなった時、英一郎さんは病院に向かう途中で、みとることはかなわなかった。

 英二さんは1947年に大映ニューフェースに合格し、映画「第二の抱擁」でデビュー。甘いルックスで、大映の看板俳優となった。59年の映画「野火」(市川崑監督)での極限状況にある一等兵の鬼気迫る演技が絶賛され、“演技派”と評されるように。約200本もの映画に出演した。

 71年の大映倒産後、テレビに活躍の場を移し「時間ですよ」「熱中時代」「暴れん坊将軍」などのドラマに出演。味わいのある名脇役として活躍したほか、入れ歯洗浄剤「ポリデント」のCMでもお茶の間に親しまれた。

 65年には神奈川・湯河原に会員制旅館「旅荘 船越」を創業。現在も続いており、長女がおかみを務めている。99年に俳優を引退。旅館に近い自宅で妻、娘夫婦に支えられながら、趣味の庭いじりに興じるなど穏やかに暮らしていたという。98、99年にフジテレビ系で放送された連続時代劇「隠密奉行朝比奈」が遺作となった。

 葬儀は英二さんの遺志で密葬。英一郎さんはこの日も群馬・前橋で「マリと−」の撮影を行い、終了後、通夜に向かったという。

 ◆船越 英二(ふなこし・えいじ)本名・船越栄二郎。1923年3月17日、東京・四谷生まれ。専修大経済学部卒業後の47年に俳優デビュー。58年に結婚。59年に「野火」の演技でキネマ旬報賞・主演男優賞受賞。89年に紫綬褒章、95年に勲四等旭日小綬章を受けた。

 ◆森光子「穏やかで無口な人」

 TBS系ドラマ「時間ですよ」で船越さんと夫婦役を演じた女優・森光子(86)は19日、主演舞台「雪まろげ」(東京・帝国劇場)の上演中に訃報(ふほう)を聞いた。 「『時間ですよ』のDVD化に関して、(共演した)堺正章さんたちと『このごろ船越さんはどうなさったのかな』と話していたところ。穏やかで無口な、ごく普通の方。自分の意見を表に出すのではなく、私に合わせてくれ、話していて気が治まりました」と故人をしのんだ。時折、声も震え「一緒に仕事をしてきた同志みたいなものですから、もっとおなかを割っていろいろな話ができたらよかった。静かにおやすみください」と語った。

 ◆マツケン「可愛いがってくれた」

 テレ朝系時代劇「暴れん坊将軍」で共演した俳優の松平健(53)は19日、英二さんとの思い出を語った。 撮影現場では寡黙だったそうで「近寄りがたかったが、僕も現場であまりしゃべる方ではないので気に入ってくれて。息子みたいにかわいがってもらった」と懐かしんだ。 「(飲むと)すごく明るくて。結構はしごが好きで、ほろ酔いになると、僕の腕を組んできたり」。プライベートでは一緒にお酒を飲みに行くことも多く、2人きりで海外旅行へ行ったことも。最後に会話したのは昨年12月、長男・健太君誕生の時にかかってきたお祝いの電話。「また会いたかったんで、本当に残念です。もっともっと長生きしてほしかった」と故人をしのんだ。

 ◆草笛光子「夫婦と間違われた」

 「熱中時代」で夫婦役を演じた女優の草笛光子(73)は19日、「英国紳士のようなムードを持っていらっしゃった。気品があり、校長先生役がよくお似合いでした。84歳なんて、今の時代ならまだお若いのに」と故人をしのんだ。 本物の夫婦と間違われたことも多く「(息子の)英一郎くんと『私たちは親子ね』なんて話したこともあります」と懐かしげ。「ああいう個性を持った役者さんは、ほかにいない。仕事に厳しかったけれど、撮影の合間には冗談を言って笑わせてくれた」と振り返った。



いい人だったんだけど、人は年には勝てませんねやっぱり;;

ライブドアニュースより引用。


スポンサーサイト
コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。